【性奴隷】セフレの調教方法【完全版】

【性奴隷】セフレの調教方法【完全版】

セフレをゲットしたら調教して性奴隷にしましょう。

元々セフレを求めるくらいには性欲の強い女の子ですから、性奴隷になるポテンシャルは十分に持っているはずです。

後は貴方の調教次第で様々なタイプの性奴隷に仕立て上げることが可能です。

ただし、これはその先もずっとセフレ関係でいるということが前提の場合に行って下さい。

性奴隷化は刺激が強すぎて、麻薬のように性欲に抗えない状態になることもあるからです。

そんな性欲まみれの女の子と恋人関係になると大変ですよ?

セフレを性奴隷にするための調教

セフレを性奴隷にする調教方法は、しっかりと段階を踏むことで確実なものになります。

まずはセフレのタイプを抑えておきましょう。

セフレのタイプは大きく分けて3つあり、それぞれのタイプに特徴的な調教方法があります。

最初のタイプが甘え系セフレ女子

相手に甘えることを欲しているセフレのタイプで、肌の接触に強い執着を持っていることが多いです。

この手のタイプのセフレを調教するには、アメとムチの作戦を行います。

最初は甘えてくるセフレから徐々に距離を取るようにします。

あまりにも唐突に離れたり、離れている機関が長すぎると逆効果になりますので、その塩梅はセフレとの関係から割り出して下さい。

距離を取れば彼女の甘えたい心を刺激することができ、調教におけるアメとなります。

ある程度距離を取れるようになったら、お好きな調教を行いましょう。

これもセフレの好みや、拒否反応などを見て、適度なものからはじめます。

いきなりアナル調教なんてやらかすと、音信不通になったりしますので要注意。

調教に耐えたら、しっかりと抱きしめて撫でるなど、存分に甘えさせて下さい。

そうすることで、抑圧によってできたギャップがより強く快感を生み出します。

次のタイプはクール系セフレ女子

クールな対応で、割り切った関係のセフレを良しとするタイプで、執着が薄いぶん、調教までの道のりは難しいと言えます。

逆に、調教可能になると、変態セフレになるまでの期間は非常に短く、晩成型と言えるタイプです。

このタイプを調教するには弱みを握って下さい。

社会的に恥ずかしいことが一番効果的ですが、恐怖心を与えては台無しなので、ある程度なんとかなりそうな弱みを見つけるのが重要です。

オーソドックスなのが、喘ぎ声の録音です。

ハメ撮りとは違って個人の特定が難しいので、さほど恐怖にならないのがちょうどいい塩梅なのです。

それをネタに、ちょっと変態めの調教を行うといいでしょう。

ここで選ぶ調教はセフレ側にも快感を伴うものが一番良いです。

ここで多くのクール系セフレ女子は正真正銘のドSタイプか、隠れドMタイプかがわかります。

ドSタイプであれば、女王コスプレ衣装などを着させて、SMを強要してみましょう。

意外と役どころにハマったりします。

ドMタイプであれば、拘束を用いた連続イキなどをやってみましょう。

セフレの新たな性感が目覚めます。

最後のタイプは不思議ちゃん系セフレ女子です。

このタイプは一方的に調教をはじめるというよりは、相手の興味を煽るカタチで性奴隷化するのが良いですね。

例えば大人のおもちゃに興味を持っている場合は、かんたんなバイブなどから初めて、段々とエスカレートさせて、ディルドや電マ、アナルプラグなどを使うセックスを提案して、調教していくカタチです。

本人が興味を持っているため、多少ためらっても、押し通すことが結構できるのがこのタイプの特徴なのです。

調教して性奴隷化すると言うよりは、セフレとしてお互いに新しい遊びを試していくという感じが正しい認識かも知れません。

性奴隷化したセフレは完全ヤリマン

どのタイプも、調教する過程で強い性的快感に目覚めることになり、その快感を与えてくれるセフレとして貴方をご主人さま的な立ち位置に思うようになります。

セックスの間の調教から、普段の私生活の間も性欲の我慢を強いられるような形になるため、より一層セフレとのセックスに依存性が増していきます。

場合によっては我慢できずに別のセフレとセックスをするようになることもありますが、その際は性的快感を盾にした罰を与えたり、自慰行為をさせるなどの対応をするといいでしょう。

物足りない性的快感でより依存性がますようになり、完全にヤリマンになってしまいます。

そうなれば完全な性奴隷セフレの完成となります。

→今すぐ会える女の子で試してみる