【中出し】セフレと禁断プレイを楽しむ

【中出し】セフレと禁断プレイを楽しむ

中出しというのはセフレ関係であってもなかなか許可してもらうのは難しいです。

それこそ正真正銘のカップルであっても難しいことなので、交渉する際には慎重に許可を得ることが必要

男性には性病のリスクが、女性にとってはさらに妊娠のリスクがあります。

それでも実際にセフレとの交渉によって許可をもらえば、ゴムなしプレイはもちろん中出しプレイも楽しめることがあります。

許可は人によって違ってくるので、そこはどういう関係を構築しているのかが重要です。

まずは関係を深め、そして交渉を上手に進めましょう。

中出しは2つの許可が必要

中出しをするためには2つの許可が必要です。

それこそある程度深いセフレ関係でゴムなしプレイはOKであっても、中出しプレイはNGという場合もあります。

そのため、ゴムなし・中出しのどちらの許可も取ることが必要となることを頭に入れておきたいです。

1段階目:ゴムなしでのプレイの許可
2段階目:中出しの許可

これらの両方の許可が必要となってくるため、セフレを作れた後も根気よく交渉していくようにしましょう。

女性は妊娠や性病のリスクを抱えているだけではなく、他にも中出しにおいて様々なトラブルや問題があるかもしれないので、そこはセフレの話を聞き、じっくりと考えて対応しましょう。

ゴムなしプレイの段階をクリアする

セフレという関係では、ゴムなしプレイは比較的許可が取りやすいです。

普通に生でプレイすることに対しては、そこまで抵抗があるという人は多くはありません。

それこそ上手に交渉していくことによって、相手によってはすぐに許可してくれることも

まずはゴムなしプレイの許可を取りやすい頼み方について知っておくと良いです。

頼み方として知っておきたい定番の交渉術は以下の2つ。

「生だと興奮が増してプレイが深くなる」
「キミとだけゴム無しがイイ」

よく使われる定番の二つですが、基本的にこの交渉術はセフレとしての期間が長いことが重要視されます。

セフレ関係はドライなことも多いので、このタイプの交渉術でゴム無しの許可をもらうのは難しいですが、逆に中出しへのフラグも同時に立てることができるので、効率としては悪くないのです。

セックス前であれば相手も冷静に判断してくれるので、マジトーンで話してみると、すんなりOKをくれることも多いです。

また、セックス中に交渉するというのもありです。

相手とのプレイ中であれば、相手も感情がセックスに向いているため断りにくいということもあって「今回だけなら…♡」と許可してくれることもあります。

セックス中のタイミングによって違ってくるので、そこはイケると思ったら積極的に交渉を進めてみましょう。

中出しプレイの段階をクリアする

中出しの許可を貰うために2段階の許可が必要となります。

ゴムなしでも条件は厳しいのに、そこからさらに中出しとなるとハードルは高まります。

しかし、交渉のやり方によってはセフレと憧れのゴムなしでプレイもできるので上手に交渉しましょう。

以下、必要となる段階です。

1:セックス前に確認しておく
2:セックス最中に確認する

最も安心なパターンはこの2段階で、クリアすればもう怖いものはありません。

相手の了承も得ているということもあり、気兼ねなく中出しを楽しむことができます。

重要なのはセックス前に確認し、セックス最中にも確認すること。

でも現実は前段階で確認してOKをもらうのは非常に難しく、プレイ最中に、というかクライマックスの直前でいきなり「イイよね?」的な確認を行うことが常套手段のようになっていますが、これは最悪中の最悪です。

セフレ関係が終わっただけならまだいい方で、最悪怖いおじさんが出てきたりするので絶対にNGです。

セックス前に確認すること、これは相手にとても自分にとっても大事な段階なので、全体に外すことのないようにしましょう。

セフレと中出しプレイするには信頼が必要

セフレ掲示板を使えば信頼関係のあるセフレと出会えることが多いため、中出しプレイもそこまで難しくはありません。

一度ゴムなしプレイを許可してもらえれば、そこからさらに過激なプレイを楽しむこともできるはずです。

セフレという関係が性的快感を求める事を目的としているからこそ可能な「快感を得るための中出し」が、セフレにおける最もオーソドックスで究極の快楽と言えるでしょう。

もちろんそこにはしっかりとした基盤のある信頼関係が必要で、それを可能にするのがセフレ掲示板なのです。

→今すぐ会える女の子で試してみる