【育成】カモフレ・ソフレ・キスフレとセフレになる方法

【育成】カモフレ・ソフレ・キスフレとセフレになる方法

近年〇〇フレという言葉が増加しているのを知っているだろうか。

これらの言葉は、それぞれ意味合いが違ってくるので、セフレを求めているならば理解しておくことが必要だ。

特に近年増えているのがカモフレやソフレ、キスフレ、セフレという言葉だろう。

カモフレというのはカモフラージュフレンドのことであり、ソフレというのは添い寝フレンド、キスフレというのはキスフレンド、セフレというのはセックスフレンドをそれぞれ意味する。

この言葉が流行している背景には、これらの〇〇フレを作る若い人が増えたことにある。

〇〇フレの募集の実態

セフレ掲示板を使っている人ならわかると思うが、実はセフレ掲示板で募集されているのはセフレだけではない。

むしろカモフレやソフレ、キスフレなどの募集もあり、その裏で実はセックスしているのが現状となっている。

つまり〇〇フレと書かれた募集はセフレ候補をふるいにかけているのだ。

自分よがりなセックスだけの男性を排除する目的で〇〇フレを募集しているというわけだ。

セフレを募集する人の多くは気持ち良くなりたいからこそ、独りよがりではなくお互いに気持ち良くなれる相手を探している。

そのためセフレ募集のつもりであっても、カモフレやソフレ、キスフレから関係を始めることで、よりプレイを楽しめる相手として育成するわけだ。

相手に主導権を握られてしまうような状態を回避し、自分も楽しみたいように楽しめるのがこの育成タイプのセフレの特徴だ。

これこそ、近年のセフレ掲示板における○○フレ募集の実態。

ホントに〇〇フレの募集

ふるいにかける目的ではなく、本当に〇〇フレの募集をしている場合もある。

そういう場合には〇〇フレとして関係を開始し、関係を深めてセフレにしていくということも可能だ。

セフレにするために、○○フレをじっくりと関係を深めて育てて楽しむというのもまた一興。

そのため、カモフレ、ソフレ、キスフレからセフレに昇格するための攻略ポイントを知っておきたい。

カモフレの場合はデートがメインとなるので、デートでいかにエスコートやリードをしていい印象を与えて相手の心に響かせるかが重要となる。

デートに関するで情報収集し、相手が喜んでくれるようなプランやコースを考え、トキメキを与え続けるのがコツだ。

同様にソフレの場合は添い寝がメインとなるため、添い寝でいかに相手を安心させられるかがポイントとなってくる。

添い寝の際のポジションニング、腕枕の耐久時間、ソフレにささやく内用の吟味、ソフレが起きたときのカバーなど、ただの添い寝以上の価値を与えるのがコツだ。

キスフレの場合はキスというテクニックを使って相手を虜にしていくことが必要だ。

ディープキスを望んでキスフレ募集するなんて言う人もいるため、セフレの関係になるには完全にキステクが重要になってくる。

一方でフレンチキスを求めたライトな関係を望むキスフレであれば、スキンシップなどは慎重に進めていくのがコツだ。

それぞれの〇〇フレで攻略すべき点は大きく異なってくるので要注意。

セフレ募集じゃなくても諦めない

セフレの募集ではなくてもセフレになる可能性は十分にある。

そのため、セフレ募集ではなく他の○○フレ募集であっても諦める必要はない。

むしろ、そういう○○フレからの方が精神的な面で仲良くなれるなど、工夫して攻略していく楽しさもあるはず。

女の子とセフレになれるチャンスを増やしていくのが、リア充になるコツであり、セフレゲットの間口を広げるコツなのだ。

だからこそ、まずは女の子が集まるセフレ掲示板を覗いてみて、自分なりの攻略法を見つけていくことが、セフレ獲得のための近道となるだろう。

→今すぐ会える女の子で試してみる