【生態】JDのセフレ事情

【生態】JDのセフレ事情

マッチングサイトで出会ったJDのカナちゃん。

そんな彼女と先日、デートがてらJDの性事情について話をすることができた。

JDの股の緩さは最近幾度となくニュースになっているが、その事実やいかに。

その真実を知るため、現役JDのカナちゃんに生々しい大学の性生活を聞いてみた。

今回はそんな秘蔵とも言えるJDのセフレ事情について紹介するので、ぜひ読み進めてみてほしい。

セフレが欲しいJD

性に対してのハードルがそもそも下がっている昨今のJDは、セフレを作ることになんら抵抗はない。

そもそも周囲の同級生たちもセフレがいることが普通となっているため、そんな周囲の下半身リア充の話や、セフレマウンティングを受けたりして、「セフレが欲しい」と思うようになるJDも多いとのこと。

事実、セフレ掲示板に集まっているのは旬を過ぎた熟女ではなく、現役バリバリなJDたちも豊富なのだ。

生々しいセックスへの欲望

JDが性に対するハードルを低くしているため、当然のようにそれに群がる男たちも多い。

最近では通称ヤリサーと呼ばれるセックスサークルがあることはもちろろん、乱交パーティーなどが平日夜でも行われている。

本来、理性があればリスクを考慮して避けるべきものだろう。

しかし、JDにとっては一生に一度しかないキャンパスライフを華々しくしたいという願いがあるのも事実。

その結果、実際にそういうイベントに自らノリノリで参加するJDも少なくない。

ただ、カナちゃん的にはそれにはリスクがあり、あまりおすすめはできないとのこと。

カナちゃん曰く、ただヤりたいだけの男たちは責任を取る意思が皆無。

そのため、JDのセフレ選びの警戒心はより大きくなっているとか。

セフレが欲しいのは事実だが、望まない妊娠や出産をするのはあまりにも悲惨な人生だ。

だからこそ安心して遊べるセフレを求めるJDの思いが必然的に強くなるのだ。

それらの事件がニュースで明るみになったことで、JDたちの間では信頼できる関係を作ることこそが、安全なセックスパートナーの最低条件という認識らしい。

カナちゃんも交際や結婚は意識せず、セックスをするためだけのパートナーが複数いるらしい。

JDのトレンドはセックスフレンド

若さを武器にできるJDはセフレを作るのもそう難しくはない。

その一方で、男性は若い女性をセフレにしたいと思っていることも多く、年齢が高ければ割り切り、年齢が離れていなければセフレという関係を求めることもある。

特に10代20代の男性は、女性の引く手あまたでセックスの相手には困らない。

やはり気になるのは30代になって脂が乗ってきた男性たちだろう。

JDは遊び人で腰が軽い10代20代の男よりも、どっしりと腰を据えている30代の男とのセフレ関係を求めることが多い。

また、社会的責任があるという後ろめたさがあるからこそマナーや良識をもって接する男性が多いというのも事実としてある。

そもそも10代20代の男性はセフレを求めずとも、各種イベントでヤリ捨てすることもできる。

某早稲◯大や慶◯大の犯罪ヤリサー集団がまさにその一角だったらしい。

それ故にある程度の歳と立場ある男性ほどJDとセフレになるチャンスがある。

JDたちも安心して信用できるセフレが欲しいのだ。

欲望に正直になってセフレ掲示板に登録したもの勝ちというのは今では常識となっている。

このチャンスを掴めるかどうかは本人次第。

セフレ獲得にアクションを起こせるかがまさに人生を豊かにするか貧相にするかの分かれ目なのだ。

→今すぐ会える女の子で試してみる