【今がチャンス】セフレはイケメンに限るのか

【今がチャンス】セフレはイケメンに限るのか

「セフレを作れるのはイケメンだけだ」と思っているブサイク男(ブ男)はただの負け犬です。

いきなり喧嘩を吹っかけられてイラッとした人もいるかもしれませんが、セフレはイケメンではなくても作ることが可能と言えます。

それを知らずに「自分にはセフレなどできない」と思ってしまうのはもったいないんです。

事実として私は決して見た目が良いとは言えませんが、実際にセフレを何人も作った経験があります。

イメケンセフレよりブサイクセフレが選ばれている

女性と男性では、実はセフレに求めるものも違います。

男性であれば、綺麗な女の子や可愛い女の子を求めるでしょう。

しかし、女性はイケメンばかりではなくブサイク男(ブ男)も選びます。

もちろん女の子の容姿が優れないからなんてこともありますが、プライドの高い女子ほど、イケメンのセフレを避ける傾向があるのも事実なんです。

むしろデメリットを恐れてイケメンのセフレよりもブサイク男(ブ男)のセフレの方が選ばれているのです。

イケメンセフレのデメリット

女の子の立場から見ると、イケメンとのセフレ関係でデメリットとなることも多いです。

まず、イケメンは相手が簡単に見つかるということもあり、さほど努力せずともセフレが作れてしまいます。

つまりステップアップの踏み台として、いずれは自分を捨てて他の女の子になびくかもしれません。

女子にとってはイケメンとのセフレ関係の中で、そういう明らかな差をつけられることに大きなショックと怒りを感じるのです。

さらに、イケメンは顔だけでセフレなビッチ女子が寄ってくるので、大してテクニックを磨いていない人もいます。

セックスでは男性もそうですが、カワイイ女の子とかかっこいいイケメンというステータスだけで性的に興奮できるのは女の子も同様なのです。

なのでイケメンをセフレに持つ女の子はセックステクをイケメンに求めず、その結果イケメンの方がセックステクニックが雑だったりすることも日常茶飯事なんですね。

下手くそでいいからイケメンと寝たいと思う女子はホストで大金を掛けて連れ込む方を選びます。

ただし、その結果セックス中にホストが他の女子と連絡取ってメッタ刺しにされるという、強烈なデメリットまであるんです。

だからこそ、セックスに興味を持ってセフレを探す女の子はイケメンセフレよりもブサイク男(ブ男) を選ぶ傾向があるのです。

ブサイク男(ブ男)セフレのメリット

女の子の立場からすれば、ブサイク男(ブ男)とのセフレ関係でメリットも多いと言えます。

まず、ブサイク男(ブ男)は自尊心が低いのでセフレと言えどもとても大切にしてくれます。

見た目に自信がないからこそ、一生懸命になってテクニックを磨いたり、笑わせてくれたりします。

イケメンは黙っていても女の子が集まってくるから、内心は「別にこの子じゃなくても良いし」という感情が透けてしまっていることもあります。

と言うかその立ち位置を利用してイケメンは金銭をねだったりすることもあるほどです。

それに比べてブサイク男(ブ男) は1人1人のセフレに対して、容姿よりも性格で勝負してくれるのです。

また、正直に言うとブサイク男(ブ男)はモテないので、他の女の子になびくことも無いというのを女の子は知っています。

立ち位置的に自分の意のままにできることもあり、良い意味で使い勝手が良いです。

イケメンとは対象的に「別にこいつじゃなくてもいいし」という感覚でいられる心の余裕ができるわけです。

都合の良い相手を見つけられるというのがブサイク男(ブ男)をセフレにする魅力と言えるんです。

セフレになった後が勝負

ブサイク男(ブ男)は外見が良くないので、中身で勝負することが必要です。

むしろ女の子は見た目だけで判断するほど幼稚ではない人も多いため、そこでいかにギャップを見せられるかによっては、むしろイケメンよりも良いセフレを作れる可能性があります。

容姿以外の良さ、例えば性格の良さやセックステクなどでイケメンとの評価の差を埋められるので、諦めてはいけません。

「イケメンにしかセフレはできない」と思っている男性は、まずは自分にできることを突き詰めていくと可能性も見えてくるはずです。

更にはそのギャップによってセフレから昇格することだって大いに有り得るわけで、ブサイク男(ブ男)だからこそのビクトリーロードが用意されているというのをよく理解しましょう。

→今すぐ会える女の子で試してみる