【これでばっちり】セフレ掲示板の常識 カカオトーク

【これでばっちり】セフレ掲示板の常識 カカオトーク

利用者が年々増えているセフレ掲示板で、カカオトークを使った連絡が定番となっています。

セフレ掲示板の割り切り募集などでは、すでにLINEなどではなくカカオトークが必須となってきているので、これからセフレを作りたいと思っている方は用意しておくようにしましょう。

アプリとしてGooglePlayや、AppleStoreなどからダウンロード&インストールをしておけば良いだけです。

ここではそんなカカオトークが必須な理由を含めて、使い方などを解説します。

セフレ掲示板でのカカオトークのメリット

LINEが浸透している中、カカオトークが必須となっている理由はプライベートなタイムラインなどを見られることを嫌がる女の子が多いためです。

SNSは個人情報が多いので、それを見られるのを嫌う女の子もたくさんいます。

また、LINEだとついつい既読しているかどうかが気になってしまうのですが、カカオトークでは既読無視がしにくいという点があります。

既読スルーはもちろん未読スルーもされることが少ないため、セフレとの連絡ツールとして人気です。

プライベートと分離

カカオトークは電話番号入力を回避できる裏技があり、プライベートな番号を知られる可能性が低いです。

電話番号入力回避の方法としては、アプリ「text plus」や仮の電話番号を使うというのが一般的となっています。

プライベートと切り離して使うことができ、お互いに個人情報を公開すること無く使えるのが、逆に魅力となっているのです。

つまりカカオトークであれば個人情報は必要ないので、よりシンプルにセフレとの関係を続けていくことができるわけです。

既読無視がしにくいシステム

カカオトークは既読無視がしにくいシステムとなっています。

その理由としては未読数が表示されることにあります。

LINEのように既読というものが付くのではなく、メッセージを送った段階で数字が表示されるのです。

その数字が消えると既読という意味になるため、お互いに既読してから無視するということがしにくい状況と言えるでしょう。

セフレ掲示板で連絡先を交換したのに、相手に既読無視されたら意味がないので、そういう意味でもカカオトークは便利です。

また、カカオトークにはLINEのような既読をつけずに読む裏技的な方法が乏しいというのも一つにあります。

セフレを作るにはカカオトークの事前準備を

セフレ掲示板で個人的な連絡先を教え合う場合、カカオトークの準備をしておくとスムーズに相手との連絡先の交換ができます。

お互いに連絡先の交換をする時にカカオトークがないとなると、相手が即行で萎えたりしてせっかくのチャンスを逃すことになります。

カカオトークを用意しておらずLINEを無理に聞き出そうとして音信不通になった女の子というのもいるのではないでしょうか。

「LINEを教えてよ」と言っても相手は「タイムラインを見られるから嫌」と断ることも多いです。

そこで「タイムラインを見ないからさ」としつこくしても良いことはありません。

タイムラインを相手が見てるか見てないかなんてわかりませんから。

お互いに初対面で信頼や信用がないのに無理に聞き出そうというのはナンセンスです。

それなら「カカオトークをやってるよ」と言う方が成功率も高いです。

→今すぐ会える女の子で試してみる