【完全版】詳しいセフレの作り方【忘備録】

【完全版】詳しいセフレの作り方【忘備録】

セフレが欲しいと思っていても、なかなか行動できない人も多いのではないでしょうか。

しかし、セフレは誰でも簡単に作ることができます。

作ろうという気持ちさえあれば作れるので、ここではそんなセフレの作り方について解説します。

セフレを作るための下準備

セフレを作るためには、セフレ募集中の女の子を見つけることが必要です。

最適な見つけ方としては、セフレ募集掲示板などを利用して募集している女の子を見つけることですね。

近年は出会い系サイトやマッチングアプリで募集している女の子もいます。

そういう女の子はプロフィールで募集について触れていることもあるので、ぜひ積極的に口説いてみてください。

セフレ希望女子にコンタクトをとる

セフレを募集している女の子を見つけたら、コンタクトを取りましょう。

コンタクトの方法としてはコメントをはじめ、メールが一般的です。

なお、メールを送る時には、まずは自分もセフレを募集していることを告げ、自己紹介をするのが基本です。

アポを取りたいという時には、まずはお互いのことを知ることが重要となります。

なぜセフレを募集しているのかなど、相手との距離を縮めていきましょう。

相手が心を開いてくれているようなら、具体的な日時や場所を決めていくと良いです。

アポに関しては、より具体的に決めるようにしてください。

相手によってはドタキャンやすっぽかしをしてくることもあるので、本当にセフレが欲しいと思っている女の子を見つけていくことが必要となります。

セフレ希望女子と会うときのマナー

実際に会うことになったら、当日は早めに準備をしておくことが必要です。

持ち物は特に必要ありませんが、お金は必要となります。

ホテル代やタクシー代などは男性が出すのがマナーなので、現金を多めに用意しておきましょう。

その他、エスコートする時には焦らないようにし、じっくりとお互いに話をしながら自然とホテルに入っていくことが必要となります。

セフレ希望女子とセフレ関係を続ける

ホテルではセックスを思う存分楽しむべきですが、終わったら急激に冷たい態度を取ってしまうという人もいます。

しかし、エッチの後は相手の良かったところをちゃんと伝えるようにしてください。

会話の内容は自由ですが、褒めることを忘れずに。

いかに自分が気に入ったのかを伝え、相手との関係継続の交渉をしていくようにしてください。

その時、具体的に「セフレになってくれますか?」と聞くよりは「また会ってくれますか?」と聞いた方がスマートですね。

帰り際には相手をしっかりとエスコートして送ることを忘れずにしましょう。

相手の自宅まで送る必要はありませんが、最後まで笑顔で見送ることで相手も信頼してくれます。

信用を得ることができれば、相手の方から今度はお誘いが来るかもしれません。

→今すぐ会える女の子で試してみる